よくある質問

お客さまからお問い合わせの多い質問と、その回答を掲載しています。

Q1

ウッド貸出本数について教えてください。

貸出本数はウッド(ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、ウェッジ、パター等単品含む)は最大3本までご利用頂けます。レンタル料金は貸出本数1本、2本、3本で異なり、1本からでもお気軽にご利用頂けます。打ち比べをご希望の場合は、1度に2本または3本のご利用でお試しください。

Q2

アイアンは何セットまで借りることができるのですか?

アイアンの貸出は1回の貸出につき1セット(フルセット)のみとなっています。よってウッドのようにいくつかのクラブを打ち比べることはできません。
お客様から「5番と7番だけでいいから2種類のクラブを貸出して欲しい。」というご要望がありますが、コースで試打される方もいらっしゃるため、現状では出来ない状況です。ですが、今後の課題として前向きに検討していきたいと考えています。

Q3

試打クラブの料金はどうやって支払えばいいのですか?
初めてご利用の場合は、試打クラブの料金はお申し込み時にクレジットカードにて決済してください。
2回目以降は「代引き」と「クレジット決済」から選択可能となります。

Q4

試打クラブ返却の方法について教えてください。

試打クラブ返却の際はクロネコヤマトへ集荷依頼の電話をしてください。営業所がお近くにある場合は直接持ち込んでいただいても結構です。
返却の際は試打クラブと一緒にお届けした返却用の「着払い送り状」をお使いください。(オレンジ色の伝票です)
※クラブと一緒にお届けした着払い送り状をご使用にならない場合は、お客様が返却運送費をご負担する事になります。ご注意ください。

Q5

万が一試打クラブが破損した場合はどうしたら良いのでしょう。

練習場、又はコースで試打クラブが破損した場合は、事故の場所で事故証明書をお取りいただき、後ろの方のご予約に関わりますので、速やかに弊社へご連絡ください。(0120-43-0660)
その後、その証明書を破損したクラブと一緒に返却日どおりに発送してください。
ゴルフクラブの通常使用による破損に関しましては、クラブ代金弁償の対象とはなりませんので、安心してご使用ください。

Q6

試打以外の事故で試打クラブが破損した場合はどうなりますか?
ゴルフ場、練習場以外の場所でクラブが破損した場合は、試打クラブ修理費をいただきます。

これは様々なケースが考えられますので、万が一発生した場合は速やかに弊社へご連絡ください。(0120-43-0660)
破損したクラブは返却日どおりに発送してください。クラブが弊社へ返却されましたら、破損状態を確認の後、修理費等に関してのご連絡をさせていただきます。

Q7

試打したらクラブに傷がついてしまいました…。
クラブステーションの試打クラブは商品によりほとんど傷の入っていない商品があります。
これは新製品やあまり試打として貸出していない商品などがあてはまりますが、たとえ傷が入っていない商品でも存分に試打していただいて、そのクラブがお客様にマッチするかどうか試してみてください。当社から新品の状態でお送りした試打クラブが傷が入った状態で返却されたとしても、お客様に金額をご請求することは一切ございません。
しかしながら、一般的なクラブとしての機能を果たさない状態、又は故意に変形させられた状態(シャフトが曲がっている、フェースが削れている、etc...)などで返却されたクラブについては修理費をご請求いたします。ご了承ください。

ページの
先頭へ